新潟県魚沼市のうおぬま眼科

  • 新潟県魚沼市日渡新田字ヒワタリ84-1
  • アクセス

新潟県魚沼市のうおぬま眼科

緑内障手術

うおぬま眼科TOP > 各種手術/日帰り手術 > 緑内障手術

緑内障手術

うおぬま眼科では、
緑内障を専門とする医師も在院
安心して治療・手術を
受けて
いただくことが出来ます。

緑内障とは?

緑内障は、日本における失明原因の第1位を占めており、40歳以上の有病率は5%と高率です。主に眼圧(眼の中の圧力)が原因で、眼圧がその人にとって安全な範囲より高くなってしまうと、見たものを脳に伝える視神経が障害され、視野がだんだんと狭くなってしまいます。
初期のうちは自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行していて、気がついたときには視野がかなり狭くなっていることもあります。そのまま放っておくと、最悪の場合失明にもつながります。残念ながら一度障害された視神経は元に戻すことはできません。ですが、早期に発見して適切な治療を受けることで、病気の進行を食い止めることはできます。

緑内障の治療

緑内障の治療法は、緑内障のタイプや進行具合によって異なってきますが、治療の基本は眼圧を下げることにあります。ほとんどの患者様はまず点眼薬で眼圧を下げる治療をしますが、一刻も早く眼圧を下げなければいけない場合や、点眼薬でもなかなか効果が出ないときには、レーザー治療や手術による治療を行うこともあります。

当院で行える緑内障手術

当院では緑内障専門の医師が、緑内障のタイプ・進行度に応じて様々な手術方法から患者様に最適の術式を選択しております。

手術

緑内障手術は、点眼薬やレーザー治療でも十分に眼圧を下げることが出来なかった場合に行います。緑内障の手術は眼圧を下げることを目的としており、視野を回復させたり緑内障自体を治したりすることはできません。あくまで緑内障の進行を抑制し、失明を防ぐための治療を目指していくものです。
緑内障手術は主に3種類の方法があります。

◎流出路再建術(線維柱帯切開術:トラベクロトミー)

房水の流れの悪い網目の部分(線維柱帯)を細い針状の器具で切開し、房水の流れを良くして眼圧を下げます。白目(強膜)は切開しないので、傷口は非常に小さくすみます。術後の管理も少なく、開放隅角緑内障、落屑緑内障、ステロイド緑内障に良い適応があります。

◎濾過手術(線維柱帯切除術:トラベクレクトミー)

線維柱帯の一部を切除し、房水を眼の外に流す新しい通路を作って眼圧を下げる手術です。手術時に、術後の効果を長く維持するため、細胞の増殖を抑え、通路が塞がってしまうのを防ぐための「マイトマイシン」という薬剤を使用します。手術後も、眼圧を適切にコントロールするため、流れ道の癒着を防ぐ目的で眼のマッサージや、結膜下に注射を行うことがあります。また、水の通りを調整している糸をレーザー光線で数本切ることもあります。この手術は、術後に眼圧が再上昇または低くなりすぎないよう、生涯にわたって慎重な管理が必要になります。全てのタイプの緑内障に適応があります。

◎隅角癒着解離術

隅角(黒目と茶目の間の房水が出ていく場所)が閉塞して房水が流れにくくなっている部分を専用のレンズを見ながら細い針状の器具で引き剥がす手術です。
白内障手術と同時に行う場合が多いです。閉塞隅角緑内障に良い適応があります。

濾過手術は術後の自己管理のため、頻繁な通院が必要になる場合や、経過によっては再手術が必要になることもあります。当院ではほとんどの緑内障手術に対応しておりますが、術後の自己管理が難しい方や、通院困難な方などは、入院設備のある病院へのご紹介もしております。

レーザー治療

レーザー治療は、メスの代わりにレーザー光線を使います。比較的短時間で済み、眼への負担も少なく、通常の外来診察時に行うことができます。主なレーザー治療は次の2種類になります。

◎隅角光凝固術

目詰まりを起こしている房水の出口にある網目の部分(線維柱帯)にレーザー光線を当てて、房水の流れを良くします。

◎虹彩光凝固術

急に眼圧が上昇し、眼痛・頭痛・吐き気・視力低下などの自覚症状が出現する「急性緑内障発作」を生じた場合、もしくは生じうる可能性の高い場合、レーザー光線で「虹彩」と呼ばれる部分に小さい穴を開け、房水が良く流れるようにバイパス(小さい穴)を作ります。

緑内障から大切な目を守るために

緑内障は、日本を含め各国でも失明原因の上位に位置します。特に40歳以上の方や、強い近視の方、血縁者に緑内障の方がいる方などは緑内障になりやすいと言われています。緑内障はゆっくりと進行するため、自分では気づきにくく、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。

緑内障と診断を受けても、悪化する前にできるだけ早期に発見し治療を開始することで、視力と視野は十分保っていくことができます。緑内障の治療で大切なことは、定期的に検査を受けてしっかりと点眼治療を続けていくことにあります。

緑内障と診断を受けていない方でも、市の健康診断を積極的に利用したり、年に1回は眼科で定期検診を受けましょう。

うおぬま眼科 院外活動

うおぬま眼科 院外活動